24時間全館空調換気で、C値は最低0.9cm2以上!!Q値は0.8〜1.0W、絶対湿度は8〜10グラム





仙台以南の表日本ではQ値もさりながら絶対湿度こそ最重要
たしかに北海道、北欧、カナダなどの寒冷地では、熱損失係数 (Q値) を最優先に考えねばなりません。目標Q値は、可能であれば0.6〜0.9W。
しかし、日本の住宅の85%以上を占めている仙台以南、なかんずく表日本の主要都市ではQ値は0.8〜1.0Wで十分。それよりも、年間を通して絶対湿度を8〜10グラムに維持することこそ省エネ面と快適生活面で最重要ポイント。

冬期は絶対湿度8グラムが目標値。8グラムだと室温が20℃だと相対湿度が55%、21℃だと52%、23℃だと48%。いずれも快適。相対湿度が50〜70%だと風邪などのウィルスが発生せず、ダニ・カビの心配も無用。ただし、ガラスのU値を1.0W以上にしないと結露が発生します。そして、外壁の充填断熱材は206材で14センチだけでQ値0.8〜1.0W達成が可能。

一方、夏期は10グラムが目標値。これだと29℃だと40%、31℃だと36%だからいずれの設定温度でも十分に快適。室内で働いて暑い時とか風呂上り時は、扇風機を併用すればことが足ります。
南面の庇の出やバルコニーを長くし、東西面は植樹などで直射日光を遮り、南へ行くほどガラスの日射熱取得率 (η値) を0.4以下にすれば、冷房費が劇的に低減。その上で、今秋から本格発売されるダイキンの家庭用デシカ、ないしはそれに準ずるセントラル空調換気除加湿24時間システムを採用しましょう。 ただし、湿度コントロールをする以上、高い気密性能が絶対条件。C値は最低0.9cm²で、出来たら0.5cm²以上でありたい。
そして、断熱材込みで150〜200Φのダクトが不可欠になってきますので、設計士並びに工事業者の研修と習熟という難問にトライする責務がメーカーとビルダーにあります。消費者からの大きな課題を背負った一年です。


リンク

パッシブハウス、Q1、R-2000の性能基準に準じているかエコロジー、又は地場の信頼性が特出しているビルダーのみ。ただし業績などについては常に変動しており、業績内容については 残念ながら一切の責任は負えません。各自でご判断を。

ビルダー

【北海道】
芦野組 旭川で2X4の良さを取入れた木軸。Q1住宅でも実績
ハウジングシステム 旭川で206でR2000住宅を。Q1住宅も手がける1級建築士
シンハマホーム  
 
武部建設 「一番優れた木材は民家にある」と古材で高性能。Q1住宅も
ヨシケン1級事務所 木軸に206のパネルをはめ込む。技術力もしっかり。Q1も
STV興発 札幌であらゆる工法と技術に貪欲に取り組んでいる。Q1も
大洋建設  
道東ハウス工業  
藤城建設  
協同住建  
橋本建設  
FPコーポレーション  
KIコーポレーション  
菅野組  
山謙建設  
キクザワ  
リビングドクター R2000住宅のアフターから脱し現場力をつけてきている
 
光輝建設  
岡本建設 十勝を中心に206を展開。Q1もパッシブハウスも
赤坂建設 十勝2X4の先駆者の1人。206のデザインが秀逸
神谷建設 堅実さが売り物。206で高性能住宅に特化。
広岡建設 デザインセンスが抜群。ソフトタッチが魅力。Q値0.8W住宅も。
cube チセ  
TRAD  
外城建設  

【東北】
北洲ハウジング 太平洋側の東北から北関東にかけてR2000のNo1。パッシブも


【北関東】
マイスターハウス 施工精度日本一。206でR2000住宅。高額物件に強い。パッシブも
島野工務店 大胆な高断熱化で急伸中。パッシブも視野に

 

ビルダー

【南関東】
ハリマハウス  
アルコス  
石田ホーム 千葉北東がエリア。高性能の比率が増加
エコハウス 横浜の青葉区だけで年間数十戸をこなす本格的地場密着型。
スヴァーリエヒュース  
クラフトメイトハウス  
創建社  

【北信越】
ホクシンハウス 木軸で長野県下でパッシブを狙う先駆者
トピアホーム 魚沼を中心に高性能住宅に特化。幅広いフアン層を持つ
自然の住まい  

【中部・関西】
金子建設工業 木軸を中心にQ1を含めて多彩なアプローチ。研究熱心
   

ビルダー団体

アース21
十勝2×4協会
北海道無暖冷房住研
NPO 新住協
日本ツーバイフォー協会
家なら2×4net

設計士

ウッズ建築設計 0155-23-3120
西方設計  
高橋憲一郎 蔵建築設計事務所
03-3985-0854
一場方子  
Style-One  
KEY ARCHITECTS  

住宅関連/その他

住宅紛争処理支援センター
北海道住宅新聞
新建ハウジング
日刊木材新聞
音熱環境
オリエンタル冷熱
市民のための環境学ガイド
 TEL&FAX  042-321-8812
E-mail unohideo@nifty.com

既刊

トヨタホーム「30年目の大変身」


世界のトヨタ自動車が、こと住宅に関しては
最初のボタンを付け間違えた。そして苦難の
30年間のあとに見違えるような変身を見せて
きている。世の中に跋扈しているリストラ物
語ではなく血のにじむ赤字克服の大活劇物語。これが大変に面白く経営の参考になる。


鵜野日出男著
限定出版・完売

既刊
豪雪地魚沼のベンチャー
     高気密住宅ものがたり


日本一の豪雪地魚沼。コシヒカリの里として有名だがセイガイ建築と呼ばれる民家建築の郷としても著名。そこで高校卒の大工見習いとして身を起こし、無一文でベンチャーを起業せざるを得なかった数奇な運命。試行錯誤、悪戦苦闘の試練を乗り越えて高気密住宅で10%のシェアを獲得して、地場No.1ビルダーになった感動の起業家ものがたり。

鵜野日出男著
ハウジングエージェンシー刊
1050円(税込み)


既刊


紹介客を呼ぶ感動の現場管理

地場ビルダーが生き延びてゆくには、鉄骨
プレハブが真似の出来ない高性能で美しい
木構造の住宅を開発し、顧客の視線での現
場カイゼンを進めてゆくしかない

顧客満足度の時代から顧客感動の時代へ!
現場管理について初めて系統的に語られた
顧客志向の新しい理念とシステム。


鵜野日出男著
ハウジングエージェンシー刊
2200円+税

既刊

顧客が絶対満足する家づくり

こだわりのニーズをもった顧客を開発し、
高い顧客満足度を獲得して、地域No1のス
テータスビルダーとして地域に君臨する!
今、全国で一番輝いている地場ビルダー・
ネギシホームの全像を公開。


鵜野日出男著
ハウジングエージェンシー刊
1500円+税
 
既刊
高気密住宅を拓く先覚者・先住人

日本における高気密住宅を拓いた最先端の
研究者・技術者の開発努力。
さらには、率先して高気密住宅を選んだ先
住人の勇気ある決断と実体験。
19人のトップが語る本音対談集。


鵜野日出男著
住宅産業新聞社刊(1999)
1800円(税込み)

上記以外は在庫がなく、再版の予定もありません
09,10年の今週の本音11,12年の今週の本音 05以前の今週の本音 06年の今週の本音 07,08年の今週の本音 13〜15年の今週の本音 s邸のチャレンジ記録 独善的週刊書評(つづき) ネットフォーラムネットフォーラム保存版 鵜野日出男の今週の本音 A邸(調布)の新挑戦記録